PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ

【個別株】隠れたEV銘柄!?ニッポン高度紙工業はグローバルニッチの良企業

今買いたい!注目の銘柄紹介

今回はニッポン高度紙工業株式会社【3891】を紹介します。

・アルミ電解コンデンサ用セパレーターで世界シェア6割
・経産省のグローバルニッチトップ企業に認定

以上の2点が特長の優良企業です。私も20年末に買いましたので今後に期待といったところです。

※(20年12月末時点の情報を元に作成しております)

 

<参考>「投資」を知らなければ、あなたは一生「奴隷」のままだ。
ビジネスエリートになるための 教養としての投資
奥野 一成  (著)

スポンサーリンク

株価推移

コロナショックにより2月に株価を落とし、その後はTOPIXを下回るほどの低調に推移していました。直近になって株価が急騰しているのは電気自動車などの電池分野で同社が高いシェアをもつセパレーターが使用できるのではとの期待からだと思われます。

 

スポンサーリンク

売上・営業利益推移

18年をピークにマイナス成長となっています。21年度は盛り返す見込みですがはたしてどうでしょうか。

概評


(参照:ニッポン高度紙工業HPより)

コンデンサー用のセパレーターという、今後伸長が期待される分野でのグローバルニッチトップ企業です。

 

コンデンサという電子部品に無くてはならない材料ですが、そのなかで陽極と陰極を分離する役割を果たす「セパレーター」と呼ばれる部材で、世界シェア60%、国内シェア90%のトップ企業です。社名に「紙」が入っていますが、一般にイメージするようなコピー用紙などの紙は作っていません。

 

「電気を使うものにはほぼ確実に入っている」そんななくてはならない材料のトップメーカーです。

(参照:ニッポン高度紙工業HPより)

この事業が来期以降も大きく成長が見込まれている部分です。これはAIを基軸に展開していることもあり、対象分野は株式投資のみにとどまらず、スポーツや選挙情報などの分野にも進出してきています(各社とのパートナーシップ構築にも積極的)。

 

このセパレーターですが、今後世界で注目される技術への適用が期待されています。

EV電池用セパレーターに使用される?

今年米国では電気自動車(EV)のテスラが大きく株価を挙げましたが、EVの肝となるのが電池であり、そのセパレーターとして使用できる可能性

無線給電に使用される?

「電気二重層キャパシタ用セパレータ」と呼ばれる蓄電デバイスを実用化しており、デジタル機器などへの充電を電線経由ではなく通信電波で行える無線給電の実現に関連する

 

 

いずれも未だ期待の域を出ませんが、昨今の環境気運の高まりから買われ始めている銘柄です。ただ、直近は5Gなどの影響から業績が上がっているものと思います。

 

ただ、あくまで期待だけで終わる可能性もあります。

 

例えば、今後のEV電池の主流は全固体電池になると言われており、その場合はセパレーターを使用しなくてもよいのではと言われています。このように今後伸びてくるデバイスの構成によっては同社の製品が使われない可能性もあり注視が必要です。

 

 

ニッポン高度紙は買いか?

まずは次の決算を待つことで良いでしょう。

波に乗ることが出来れば可能性を感じる銘柄ではありますが、焦って買い向かう必要もないと思います。銘柄としては注視しておくとよいと思います。

 

【参考】
2020年お金本のベストセラー! 発売6ヶ月で32万部突破!!一生お金に困らない「5つの力」の基本!
本当の自由を手に入れる お金の大学 (日本語) 単行本 両@リベ大学長  (著)

どの証券会社で株を購入するのがよいか

私はSBIネオモバイル証券を活用しています。

 

なぜかというと、ネオモバなら1株単位(S株(単元未満株))で株が買えるからです。

これは非常に大きいメリットです。

通常は100株単位でしか購入できない株を1株単位で買えるのは非常に助かります。つまり、他の証券会社なら数十万円の資金が必要なところを数千円、あるいは数百円レベルで購入できます。

▼サービスの特徴▼
・Tポイントを使って株が買える
・1株単位(S株(単元未満株))で株が購入できる
・普段のお買い物で貯めたTポイントで株が買える
・Tポイントが毎月200ptもらえる

ネオモバは、月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題、 さらに、毎月Tポイントが200ptもらえます。実質消費税分の20円/月で取引が可能です。

是非ご活用ください。

コメント