PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ

【個別株】ノーコードアプリの「ヤプリ」は日本のDXを変えるか!?

今買いたい!注目の銘柄紹介

※(21年1月時点の情報を元に作成しております)

今回は株式会社ヤプリを紹介します。20年12月IPOの注目銘柄です。

【個別株】当ブログで紹介した日本株優良銘柄の業界別まとめ_21/3/1更新

・ノーコードのアプリ開発プラットフォームを提供
・「プログラミング不要」によりDX投資の伸びに対応
・20年12月IPOの注目銘柄

上場前から注目されていたSaaS銘柄で、今後が期待される企業です。

 

<参考>「投資」を知らなければ、あなたは一生「奴隷」のままだ。

スポンサーリンク

株価推移

2020年12月にマザーズ上場して以来、現時点では株価は上がっています。ただ、上場後の決算がまだであることを考えると、同社の実力を把握できているかは不明瞭です。

スポンサーリンク

売上・営業利益推移

(上場して1年未満の企業なのでデータが少なく、同社の決算説明書より抜粋しています)

上場前までは順調に売上を伸ばしていますが、現在は赤字です。これはIPO直後ということもあり、売上拡大期であり、今後利益創出期に損益分岐点を迎えて黒字化を目指します。

EPS推移

 

概評

プログラミング不要「ノーコード」のアプリ開発プラットフォーム「Yappli」を提供し、誰でも気軽にアプリ開発が出来るサービスを提供している注目の企業です。

 

日本のみならず世界中の企業がDX投資を行っており、年々市場希望が拡大していますが、相対的にIT人材の不足が問題視されており、その状況に目をつけて、技術的ハードルが低いプログラミング不要(=ノーコード)のアプリ開発プラットフォーム「Yappli」の提供によりビジネスを成立させています。

同社のシステムを導入すれば、これまでプログラミングが必須であったアプリ開発が、「ドラッグandドロップ」的な操作のみで実施することが可能となり、専門家でなくとも簡便に取り扱うことができます。

「大手のメーカーであれば技術者が豊富なので、ニーズないのでは?」とも考えられますが、すでに同社のシステムを導入している企業は、誰もがしっているような大手企業が名を連ねています。

 

現在の同社のアプリの契約数は年々伸びており、その度にアップデートを繰り返し、他社の参入障壁となっています。

また、ビジネスはサブスクモデルとなっています。システム導入時に初期費用は必要になりますが、その後は月額で「システム利用料」、「オプション使用料」を得ています。

サブスクモデルの重要性は繰り返し書いていますが、何もしなくとも前月とほぼ同等の売上が月初に期待できるという事で、業績が安定しやすい特徴があります。この場合、解約率を中止する必要がありますが、現在のYappliの解約率は1%未満で、非常に低い状態を維持しています。

 

一方で、「ノーコード」は非常に注目されるワードですので、競合が多く乱立してくる可能性はあります。分かりやすいニーズですので、狙っている企業も多いでしょう。

ただ、これはどの先行企業にも言えることで、同社の特段のデメリットともいえないでしょう。

 

ヤプリは買いか?

非常に有望に思えますが、現時点では決算を待ちたいです。

IPO後も順調に株価を伸ばしており、時代の潮流にも乗っていますので非常によい銘柄には見えますが、実際にどこまで数字がついてくるのか、決算を待ちたいと考えます。

(投資は自己責任でお願いします)

どの証券会社で株を購入するのがよいか

私はSBIネオモバイル証券を活用しています。

 

なぜかというと、ネオモバなら1株単位で株が買えるからです。これは非常に大きいメリットです。

 

通常は100株単位でしか購入できない株を1株単位で買えるのは非常に助かります。つまり、他の証券会社なら数十万円の資金が必要なところを数千円、あるいは数百円レベルで購入できます。

▼サービスの特徴▼
・Tポイントを使って株が買える
・1株単位(S株(単元未満株))で株が購入できる
・普段のお買い物で貯めたTポイントで株が買える
・Tポイントが毎月200ptもらえる

ネオモバは、月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題、 さらに、毎月Tポイントが200ptもらえます。実質消費税分の20円/月で取引が可能です。

是非ご活用ください。

参考

ヤプリ(4168)楽天証券のページ

ヤプリHP

コメント