PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ

【2021年】130%超え実現!「eMAXISNeo自動運転」のメリットと注意点

人気投資信託の考察

※(21年1月時点の情報を元に作成しております)

今回は三菱UFJ国債投信が運営する投資信託である、eMAXISNeo自動運転を紹介します。

20年度に最も注目を浴びた投資信託といっても過言ではない投資信託です。

 

 

楽天証券でのページはこちら

スポンサーリンク

eMAXISNeo 自動運転とは

eMAXISNeo 自動運転の特長を3点にまとめると以下の通りです。

 

・S&P Kensho Autonomous Vehicles Indexに連動したインデックスファンド
・Tesla、NIOなど、注目銘柄をウエイト高く組み入れている
直近1年リターンは驚異の130以上%

最近の話題の銘柄を取り揃え、驚異の伸びを示す大注目ファンドです。

普通の個別株やるより良くないか・・・?

インデックスファンドを活用したポートフォリオ戦略は山崎元氏の書籍がわかりやすいです。Kindle Unlimited会員は無料で読めます。

スポンサーリンク

基準価額推移

直近1年の伸びは協議の130%越えです。何なんでしょうかこの投信・・・。

最新のチャートはコチラ

組入銘柄

昨年度、歴史的な株価の伸びを示したTeslaの組み入れ比率が大きいのが特長です。これがeMAXISNeo自動運転の驚異的な伸びの演出の一端を担ったといっても間違いないでしょう。また、NIOなどの電気自動車銘柄も含めた22銘柄に集中投資されています。

特長として、必ずしも自動運転に特化したような銘柄だけではないことです。注目の自動車関連企業が組み込まれています。

管理費用

楽天証券では0.79%です。テーマ型としては低価格な部類だと思います。

概評

直近1年のリターンが130%を超える驚異のリターンを叩き出した大注目の投資信託です。

基本的にはS&P Kensho Autonomous Vehicles Indexに連動したインデックスファンドということになっているのですが、組み入れ銘柄が22社しかなく広く分散しているわけではありません。

このシリーズはAIが銘柄を選定していることでも知られており、同様のファンドも高い成績を上げています。爆発力で言えば、一日で14%も上げたトンデモナイ商品もあります

【爆益】AIによって1日で14.5%上がる「eMAXISNeo」が生まれた

 

AIが選定した自動運転銘柄を組み込んでおり、自動車メーカーから半導体メーカーまで組み込まれています。Teslaなどのウエイトが高く、優良な企業がそろっている印象です。

Teslaに個別で投資しようと思うと、800ドル以上の費用が掛かりますが、この投信であれば100円からでも比較的高いウエイトで投資が可能です。それ以外もNIOやGMなど優良企業も入っており、大きなリターンの理由となっています。

自動運転自体は今後の発展が期待できる市場でありますし、今年度も伸びを期待される投資信託です。

 

しかし、前述の通り広く分散された投資信託ではないリスクもあるでしょう。

株価とシーソーの関係にあると言われている長期金利が上昇した場合などは、大きな影響を受けやすいと思われます。

リターンが大きければリスクも大きいという同然の結果ではありますが。

eMAXISNeo自動運転は買いか?

ポートフォリオのスパイスとして購入するのはいいと思います。

非常に高いリターンを挙げており、組み入れ銘柄的にも今後の成長を期待させる商品ですので、一部持っておくのはよいでしょう。何度も記載しますが投資信託とは言えども広く分散されているわけでは無いので、資産運用のメインにおくにはリスクが大きいと思います。

(投資は自己責任でお願いします)

どの証券会社で購入するのがよいか

私は楽天証券を活用しています。メリットが多いので活用したいです。

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)
投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場のお買い物のポイントが+1倍!取引や残高に応じて楽天ポイントが貯まる、使える楽天証券でおトクに資産形成を始めよう!
・取り扱う商品が多い
・楽天経済圏で使用することでポイント付与が大きい
・手数料が安い
・トウシルやセミナーなどの情報が豊富
・「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツール

コメント