PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ

【個別株】半導体微細加工で存在感。東京応化工業の技術力に注目

今買いたい!注目の銘柄紹介

※(21年1月時点の情報を元に作成しております)

今回は東京応化工業株式会社を紹介します。半導体需要が旺盛で注目されています。

【個別株】当ブログで紹介した日本株優良銘柄の業界別まとめ_21/3/1更新

東京応化工業(4186)楽天証券のページ

・半導体用フォトレジストを販売する化学企業
・数nmを実現できる薬品開発のための高い技術を持つ
・世界で戦えるグローバルニッチ企業

半導体微細加工技術で、日本が誇るものづくり企業です。

 

スポンサーリンク

株価推移

直近1年はコロナで株価を下げた後、順調に回復し、現在ではコロナ以前よりも高値を付けています。

スポンサーリンク

売上・営業利益推移

売上は順調に伸ばしています。利益については直近好調ですが、長期でみると安定している部類であると思います。

 

EPS推移

直近の業績好調により、過去10年で最も高いEPSとなっています。

概評

東京応化工業株式会社|こおりやまものづくり企業ガイド

半導体用フォトレジストの世界首位級のメーカーで、まさにグローバルニッチといえる企業です。

 

1986年に上場したのち、いくつかの事業を経て現在は半導体製造工程に欠かせないフォトレジスト用薬剤を販売しています。半導体用フォトレジストは、半導体に微細加工をするために必須の技術で、同社はそのための化学薬品を製造販売しており、様々な用途で使用されています。

この微細加工は近年は数nmのオーダーにまで進化しており、製品の開発には非常に高いノウハウが要求されます。同社は材料設計技術のみでなく、顧客で使用している露光装置や現像装置などを自社で導入しており、顧客に信頼性の高いソリューションを提供しています。また、不具合があった場合にも迅速に対応できます。

 

半導体の微細化は留まることを知らず、年々精緻になっています。この半導体では投資できる企業が多く、日本企業が強い分野です。投資で大きなリターンを得ようと思うと簡単にでも半導体の背景知識は十分に抑えておく必要があると思います。

 

確かな技術を持ち、日本が誇るものづくり企業ですが、世界的な半導体の需要動向に左右される面はあるでしょう。

 

エレクトロニクス業界、特に半導体・ディスプレイ向け材料・装置は非常に進化のスピード、技術革新が速いですが、今後も期待できるメーカーだと思います。

 

東京応化工業は買いか?

半導体需要の動向には注意が必要ですが、現時点から買い向かっても良いと思っていますし、決算を待ってもどちらでもよい銘柄だと思います現在は半導体需要は旺盛ですので、入るにはいいタイミングかもしれません。日本が誇るものづくり企業ですし、応援の意味でも投資が進めばいいと個人的には思います。

どの証券会社で株を購入するのがよいか

私はSBIネオモバイル証券を活用しています。

 

 

なぜかというと、ネオモバなら1株単位(S株(単元未満株))で株が買えるからです。

これは非常に大きいメリットです。

通常は100株単位でしか購入できない株を1株単位で買えるのは非常に助かります。つまり、他の証券会社なら数十万円の資金が必要なところを数千円、あるいは数百円レベルで購入できます。

▼サービスの特徴▼
・Tポイントを使って株が買える
・1株単位(S株(単元未満株))で株が購入できる
・普段のお買い物で貯めたTポイントで株が買える
・Tポイントが毎月200ptもらえる

ネオモバは、月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題、 さらに、毎月Tポイントが200ptもらえます。実質消費税分の20円/月で取引が可能です。

是非ご活用ください。

 

参考URL

東京応化工業(4186)楽天証券のページ

東京応化工業 HP

コメント