PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 株ブログ 銘柄・投資企業へ

【2021年】eMAXISNeo 遺伝子工学は自動運転に次ぐエース投信になるか?

人気投資信託の考察

※(21年1月時点の情報を元に作成しております)

今回は三菱UFJ国債投信が運営する投資信託である、eMAXIS Neo 遺伝子工学を紹介します。

コロナウイルスワクチンの開発でバイオ関連技術が非常に注目されたりと近年の技術発展が目覚ましい遺伝子工学分野です。急成長が期待できる分野なだけに、高いリターンが期待できそうですがどうでしょうか。

 

【必読!「投資」を知らなければ、あなたは一生「奴隷」のまま

スポンサーリンク

eMAXISNeo 遺伝子工学とは

eMAXISNeo 遺伝子工学の特長を3点にまとめると以下の通りです。

・S&P Kensho Genetic Engineering Indexに連動したインデックスファンド
・合成DNA、ゲノム編集、遺伝子治療などのバイオ関連企業がメインで構成銘柄数が比較的多い
直近1年リターンは+75.7%と好調

最新のリターンはコチラ

eMAXISNeo 遺伝子工学は、今後の成長分野に特化していて買い時と言えるかもしれませんね。

 

公式サイトはコチラ

スポンサーリンク

基準価額推移は+75.7%と好調

eMAXIS Neo 遺伝子工学の直近1年の伸びは+75.7%です。

遺伝子工学はコロナウイルスワクチン開発で存分にその力を発揮し、大注目されたことも相まって、その他のeMAXIS Neoシリーズにも負けない伸長をみせました。同シリーズは他にも+130%を超えるような化け物みたいなファンドもあるので、比較すると見劣りする部分もありますが、単体で考えると十分優れた結果だと思います。

最新のチャートはコチラ

組入銘柄は48社

 

 

eMAXISNeo 遺伝子工学組み入れ銘柄のTOP3は以下の通りです。

 

組み入れ銘柄TOP3

・合成DNA製造のTWIST BIOSCIENCE CORP(3.5%)
・破壊的な疾患に対する遺伝子治療開発のROCKET PHARMACEUTICALS INC(3.1%)
・スイスのバイオ医薬品企業、ゲノム編集メーカーCRISPR THERAPEUTICS AG(3.0%)

 

構成は48銘柄とeMaxis Neoシリーズとしては比較的多めです。

同シリーズの他の銘柄を見ていると、eMAXISNeo 遺伝子工学は広く分散しているように見えてきます・・・。中には12銘柄に超集中投資で爆益だしてるファンドもあるので。

また、その他のシリーズと異なり、比較的しっかりと遺伝子分野に投資ている印象があります。他のシリーズはファンド名とは名ばかりの構成銘柄の場合もありますので(AIに文句をいいましょう)

TOP3銘柄の直近1年の株価の動きは以下の通りですが、やはりいずれも大きく株価を上げています。

TWIST BIOSCIENCE CORP

TWIST BIOSCIENCE CORPの株価推移

 

ROCKET PHARMACEUTICALS INC

ROCKET PHARMACEUTICALS INCの株価推移

CRISPR THERAPEUTICS AG

CRISPR THERAPEUTICS AGの株価推移

 

管理費用

楽天証券では0.79%です。実質コスト0.97%はテーマ型としては低価格な部類だと思います。

eMAXISNeo 遺伝子工学 概評

直近1年のリターンが75.7%と同シリーズの他の商品に比べるとやや見落としりますが、それでも単体では圧倒的に高いパフォーマンスを示した優良ファンドです。

テーマとなっている遺伝子工学はmRNAを利用したコロナウイルスワクチン開発で存分に力を見せつけて、将来の世界を変える技術であることを全世界に見せつけました。もちろんそれまでもバイオ医薬品など、非常に注目されていましたが、一段上をいった様子です。

 

基本的にはKensho Genetic Engineering Indexに連動したインデックスファンドということになっており、組み入れ銘柄が48社という、同シリーズとしては比較的多くの銘柄を組み込んでいます。

 

このシリーズはAIが銘柄を選定していることでも知られており、同様のファンドも高い成績を上げています。爆発力で言えば、一日で14%も上げたトンデモナイ商品もあります。

銘柄選びにAIを活用するという選択肢~eMAXIS Neo~

 

構成銘柄を見ると、バイオテクノロジー関連企業が大きく組み込まれています。また、銘柄数も多いせいか、その他のシリーズのような爆発力は無いかもしれません。

 

現時点では、eMaxis Neo 自動運転や、バーチャルリアリティーなど、爆発的な値上がりが期待でき、非常に人気を集めているファンドもありますが、そこと比べると少し物足りなさがあります。しかし、それらが過熱感があるのに対して、このeMAXISNeo 遺伝子工学はこれからという感じもあり、将来性は高いともいえると思います。

組み入れ銘柄、その対象分野ともに当たればデカい分野ですし、期待が持てるファンドです。

eAXISNeo遺伝子工学は買いか?

繰り返しになりますが、、eMaxis Neo 自動運転や、バーチャルリアリティーなど、爆発的な値上がりが期待できませんが、今後の伸びに期待して買うのがよいと思います。将来性は高いでしょう。

どの証券会社で購入するのがよいか

私は楽天証券を活用しています。メリットが多いので活用したいです。

楽天証券 | ネット証券(株・FX・投資信託・確定拠出年金・NISA)
投資信託や確定拠出年金、NISAなら初心者に選ばれる楽天グループの楽天証券。SPUに仲間入りし、ポイント投資で楽天市場のお買い物のポイントが+1倍!取引や残高に応じて楽天ポイントが貯まる、使える楽天証券でおトクに資産形成を始めよう!
・取り扱う商品が多い
・楽天経済圏で使用することでポイント付与が大きい
・手数料が安い
・トウシルやセミナーなどの情報が豊富
・「マーケットスピード」やスマホアプリ「iSPEED」など豊富な取引ツール

コメント