【第3回】製造所等の基礎のキソ!

たまき君の合格への道


連休どこいこうかなぁ・・・

ぼくは前回学習した危険物の指定数量をぼんやりと頭の中でイメージできるようになってきていました。

【第2回】指定数量を覚えて倍率計算をマスターしよう!
「危険物は種類だけじゃなくて量も大切なんだ!」「いや先生、それ当り前じゃ・・・」 2回目の羽里先生との勉強は「簡単そうで奥深い」指定数量のお話でした。異なる指定数量の倍率計算にたまきも悪戦苦闘。何よりも「指定数量って全部覚えるんですか・・・?」

 

たまき
たまき

ただ、まだ曖昧なんだけどね・・

 

もう5月に入っていて、すでにゴールデンウイーク間近。心躍るようなイベントでもあったらもっとモチベーションも上がるのになぁ・・・。

たとえば、なんだろ。社内恋愛とか?うん。これだな。


こういうやつです。

 

たまき
たまき

いまは危険物が恋人みたいなもんだしなぁ・・・。

そんな決して浮かれられないテンションで羽里先生に会いにぼんやりと歩いていました・・・

 

 

「製造所」、「貯蔵所」、「取扱所」の3つを合わせて「製造所等」


よし、現実に戻ろう・・・。

 

羽里先生
羽里先生

どう、だいぶ危険物の勉強にもなれてきた?

たまき
たまき

なれるというか、覚えることが多くて大変です

 

羽里先生
羽里先生

まぁそうだね。だけど、製造所等の設置された会社で働くためには知っておいたほうがいいと思うよ。

 

たまき
たまき

製造所等?いや、ぼくは化学工場で働いてるんですけど。


ようやく就職できた愛すべき会社です。

 

羽里先生
羽里先生

あぁ、ごめんごめん。

 

羽里先生
羽里先生

危険物を取扱うことのできる施設を「製造所等」と呼ぶんだ。

羽里先生
羽里先生

具体的には、「製造所」「貯蔵所」「取扱所」の3つを合わせて「製造所等」と呼ぶよ。

 

たまき
たまき

そうですか・・・

Point:製造所等は3種類

  1. 製造所
  2. 貯蔵所
  3. 取扱所

製造所等の種類を学ぼう

「等」って便利な言葉だよね。

羽里先生
羽里先生

じゃあ今日は製造所等について学習してみよう

 

たまき
たまき

えっと、製造所等ということは、製造所貯蔵所と・・・

 

羽里先生
羽里先生

取扱所ね、まずはどのようなものがあるか記載するよ

まずはどのようなものがあるか

Point:製造所等の種類について

  1. 製造所
  2. 貯蔵所
    • 屋内貯蔵所
    • 屋外貯蔵所
    • 屋内タンク貯蔵所
    • 屋外タンク貯蔵所
    • 地下タンク貯蔵所
    • 簡易タンク貯蔵所
    • 移動タンク貯蔵所
  3. 取扱所
    • 給油取扱所(ガソリンスタンド)
    • 販売取扱所(容器入りのままで販売)
    • 移送取扱所(危険物を送るパイプライン)
    • 一般取扱所(上記以外の施設)

 

たまき
たまき

製造所はいいんですが・・・貯蔵所と取扱所は数が多いですね・・・

 

羽里先生
羽里先生

そうだね、各施設の詳細は別の日に説明するとして、今日はそれぞれの施設の概要だけ覚えておこう。

 

製造所は「危険物を製造する施設」


危険物始めました。

 

たまき
たまき

ぼくの会社は作ってる製品も危険物なんです。


なんかオイルとかそんな製品もあります。

 

羽里先生
羽里先生

じゃあその施設は「製造所」だね。

 

たまき
たまき

はぁ。
製造所だったり、製造所等だったりややこしいこと言わないで欲しいよ・・・)

 

羽里先生
羽里先生

製造所だったり、製造所等だったりややこしいって思ってるでしょ?

 

たまき
たまき

(ドキッ!!)
いや、まさか、あはははは・・・


人の心見ないでくれます?

 

羽里先生
羽里先生

製造所と呼ぶ場合は「危険物を製造する施設」である製造所のことを指すよ。

 

羽里先生
羽里先生

また、製造所等といった場合には製造所、貯蔵所、取扱所の3つの総称だとおもったらいい。

 

たまき
たまき

はぁ、わかりました。

他には何かありますか?

 

羽里先生
羽里先生

以上だよ。

危険物取扱者 乙種 法令②「貯蔵・取扱い施設」 製造所・貯蔵所・取扱所
たまき
たまき

はい?これだけ?

 

羽里先生
羽里先生

うん。本当は保安距離とか、保有空地警報設備なんかがあるんだけど、今日は概略だけでいいよ。

危険物取扱者 乙種 法令⑦「保安距離」&「保有空地」 対象施設の違いと、施設ごとの距離を一覧で理解する
たまき
たまき

やった!毎回このくらいのやさしさがいいよなぁ!

貯蔵所は「屋内か屋外」か、タンクがあるかないか


何入ってるんだろう・・・

羽里先生
羽里先生

じゃあ次は貯蔵所ね。

 

たまき
たまき

OKです!この調子でジャンジャンいきましょう!!

 

羽里先生
羽里先生

(単純だな)

じゃあ貯蔵所の概略はこれね。

屋外か屋内か、タンクがあるかないか、などで分かれているよ。

 

貯蔵所の種類 概要
屋内貯蔵所
屋内で容器に入れた危険物を貯蔵、または取り扱う施設
屋外貯蔵所
(屋外に設置し、タンクを用いない)
屋外の場所において
①第二類の危険物のうち硫黄、硫黄のみを含有するもの若しくは引火性固体(引火点が0℃上のものに限る。)②第四類の危険物のうち第一石油類(引火点が0℃以上のものに限る。)、アルコール類、第二石油類、第三石油類、第四石油類若しくは動植物油類を貯蔵し、又は取り扱う施設
屋内タンク貯蔵所 屋内のタンクで危険物を貯蔵し、または取り扱う施設
屋外タンク貯蔵所 屋外のタンクで危険物を貯蔵し、または取り扱う施設
地下タンク貯蔵所
(地盤面下に埋没しているもの)
地盤面下に埋没されているタンクで危険物を貯蔵し、または取り扱う施設
簡易タンク貯蔵所 簡易タンクにおいて危険物を貯蔵し、又は取り扱う施設
移動タンク貯蔵所
(タンクローリー)
車両に固定されたタンクで危険物を貯蔵し、又は取り扱う施設

 

たまき
たまき

よーし、貯蔵所も一気に覚えるぞ!

 

たまき
たまき

って、え、ええええええ!!

 

たまき
たまき

出たよ、覚えること多すぎのやつが・・・

 

たまき
たまき

落ちたわ、無理。やっぱりぼくには無理だったんだ・・・

 

羽里先生
羽里先生

(それ見たことある)

いや、よく見てごらんよ。そんなに難しいことは書いてないから。

 

例えばさ、屋内貯蔵所は「屋内の場所において容器に入れた危険物を貯蔵、または取り扱う施設」だよ。

 

 

たまき
たまき

ん?んん??

 

羽里先生
羽里先生

どう?簡単でしょ?


あ、いけるわ。

 

たまき
たまき

た、確かに。

あえて説明しなくてもいいんじゃない?と思えるくらい簡単・・・

 

羽里先生
羽里先生

そうそう、そうなんだ。

屋外貯蔵所だけ少しややこしいけど、それ以外は簡単だよ。

 

取扱所は4種類に分類

車持ってないのでガソリンスタンド行ってません。

 

羽里先生
羽里先生

取扱所は「危険物を取り扱うため」の施設だよ

 

たまき
たまき

取扱う施設ってなんか曖昧ですね。

どの施設でも取り扱う施設ではあると思うけど・・・

 

羽里先生
羽里先生

危険物を製造しないってところが製造所と違うね

 

羽里先生
羽里先生

さらに4つの施設に分類されてるよ。ガソリンスタンドなどが代表例だね。

 

Point:取扱所の4分類

  1. 給油取扱所(ガソリンスタンド)
  2. 販売取扱所(容器入りのままで販売)
  3. 移送取扱所(危険物を送るパイプライン)
  4. 一般取扱所(上記以外の施設)

 

貯蔵所の種類 概要
給油取扱所(ガソリンスタンド) 給油設備によつて自動車等の燃料タンクに直接給油するため危険物を取り扱う取扱所
・販売取扱所 容器入りのままで販売するため危険物を取り扱う取扱所。第一種販売取扱所と第二種販売取扱所に分かれる
・移送取扱所(危険物を送るパイプライン) 配管及びポンプ並びにこれらに附属する設備によつて危険物の移送の取扱いを行う取扱所
・一般取扱所(上記以外の施設) 上記取扱所以外の取扱所

 

羽里先生
羽里先生

販売取扱所は指定数量によって2種類に分かれるんだ

 

Point:販売取扱所の種類

  1. 第一種販売取扱所:指定数量の倍数が15以下
  2. 第二種販売取扱所:指定数量の倍数が15を超え40以下

 

たまき
たまき

このくらいなら覚えられそうですね

 

仮貯蔵・仮取扱いは所轄消防長、または消防署長の承認が必要


人命を守るためには制限も多いのですね。

 

たまき
たまき

指定数量以上の危険物の貯蔵や取扱いは厳しく制限されてるんですね。

羽里先生
羽里先生

うん、そうだね。ただ、届け出を行うことで例外措置が認めらることもあるんだ。

 

たまき
たまき

例外もあるんですか?(覚えないと。。)

 

羽里先生
羽里先生

そうなんだよ!

羽里先生
羽里先生

あくまで「期間限定の仮の扱いとして、指定数量以上の危険物の取扱を認めるよ」ってことだけどね。

羽里先生
羽里先生

これを仮貯蔵・仮取扱いというんだよ。所轄消防長、または消防署長の承認を得る必要があるからね。

たまき
たまき

そうなのか。

でも、ずっと「仮」ってわけにもいないですよね?

羽里先生
羽里先生

もちろん。

あくまで「仮」だから期間は10日以内と決まっているんだ

 

Point:仮貯蔵・仮取扱い

  • 届け出を行うことで仮貯蔵・仮取扱いが認めらることもある
  • 届け出先は所轄消防長、または消防署長
  • 期間は10日間

 

終わりに

 

たまき
たまき

はぁ、今日も終わった。

 

たまき
たまき

相変わらず覚えること多いよなぁ。

だいぶん慣れてきたようにも思うけど、まだ入り口に立ったばかっりって羽里先生も言っていたし・・・。先は長いよな・・・。

 

コメント