【序章】知識ゼロの素人ですが 危険物取扱者乙種に 合格させてください!

 

~4月の晴れた日のお昼休み~

 

たまき
たまき

危険物取扱者の資格ですか・・・?」

 

ぼくは岸連たまき。

今年の3月に大学を卒業し、4月から「とある化学プラント」で働くことになった。

もともと文学部を卒業して、本当は雑誌や新聞記者などの物書きを目指していたんだけれど、このご時世、不況で就職活動もうまくいかず、何の因果か地元のメーカーに応募したところ採用してもらえたということだ。

そうそう、君もってる?

 

たまき
たまき

「あ、あの、持ってませんね・・・」

化学プラントだから危険なものを扱うことも多いのだろう。

上司の言葉にポカーンとしながらも、「化学っぽい資格なんだろうなぁ・・・」と思いを巡らせていました。

 

そうだよね、たまき君は文系だもんね。

だけど化学プラントで働くなら必須の資格だから、取得してきてね!

たまき
たまき

「はぁ、頑張ってみます・・・」

 

はっきりいって自信なし!だって知識ゼロの素人だもの!!

 

理科の知識なんでとうの昔にすべて忘れた自信はあるなぁ・・・。

なにせ文系で小説家を目指していたのだから、まったくの畑違いだ。とはいえしょうがない、なんてたってこの会社は化学プラントなんだから。

 

あ、そうだ、羽里先生に連絡しておいたからねー。

たまき
たまき

はねさとせんせい??(誰だ?)

 

そう、危険物の資格に詳しい専門家なんだ。

君は文系でしょ?だったら羽里先生にイチから教えてもらうといいよ!あの人に聞いておけば大丈夫だよ。

 

たまき
たまき

はぁ・・・。とりあえず訪ねてみることにします。

 

そんなこんなで、羽里先生なる「危険物の専門家」?に教えてもらうことになったぼく。

果たして、無事に危険物取扱者の資格を取ることができるのだろうか・・・。

 

【第1回】危険物ってなんだ!?
化学プラントで働くことになった「ぼく」、岸連たまきは危険物の資格を取得することに。知識ゼロのたまきは「危険物の専門家」という羽里先生のもとを訪ねることになった。そこで、「そもそも危険物って何か知ってる?」から始まる、ぼくと羽里先生の合格への道が始まることになった・・・。

 

 

 

危険物法令のまとめ記事